永久脱毛は本当に永久なのか

現在、医療用レーザー、ニードル脱毛とフラッシュ脱毛の3つの脱毛方法で脱毛が実現します。

その効果は、ニードル脱毛が最も高く、次いで医療用レーザーとなり、この2つは永久脱毛と呼ばれています。フラッシュ脱毛は、光の出力を落としかなり弱いエネルギーの出力となるため、資格など必要でないためエステサロンや脱毛専門サロンで手軽で受けられますが、法の定めにより毛乳頭などの細胞を破壊する医療行為が禁じられているので永久脱毛と呼ぶこともできず、完全脱毛と呼ばれています。

この場合でも、照射回数を重ねることで、医療用レーザーと同様の効果は得られますが、その持続性が異なり、毛の再生される可能性が高く脱毛を完了しても、また施術を繰り返すことが必要となります。クリニックや病院などでの医療機関で医師による医療用レーザーやニードル脱毛は、レーザーで熱を加えたり、電流を名流すことにより、毛乳頭を破壊できるので永久脱毛と呼ぶことができます。

医療用レーザーは、国内で使用されてから、歴史がまだ古く、30年や40年経過しても毛の再生がないという実証がないため、脱毛が完了し最後の照射から6ヶ月経過した時点で毛の再生がない場合には、医学的に永久脱毛とみなされています。医療用レーザーが主流となっている現在でも、レーザーが使えない部分もあるため完全な無毛状態となるのはかなり難しいです。ニードル脱毛による脱毛が完全に近いとはいえ、時間と費用を考えると現実的ではないので、完全性を追求する場合には、医療用レーザーで残った部分をニードル脱毛を使用することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *