永久脱毛ってどんなもの

脱毛には、医療用レーザーによるものとフラッシュ脱毛、ニードル脱毛との3つの種類を一般的に言います。

この中のフラッシュ脱毛については、エステサロンや脱毛専門サロンで行なえ、専門的な資格などがなく誰でもできるので、光の出力を抑えた弱いエネルギーでの脱毛となり、法の定めにより永久脱毛と呼ぶことができず、完全脱毛というのとなります。医療用レーザーとニードル脱毛は、医師による施術となりクリニックや皮膚科などの医療機関で行なえ、永久脱毛と呼ばれています。

医療用レーザーは、特定の色に反応するレーザーの特性を活かし、毛のメラニンの黒色に作用させ照射することにより熱を吸収させ、毛を伝導体にし毛乳頭を破壊し毛の再生を抑えるものです。そのため、長期的な持続性のある効果の高い脱毛が実現できます。ニードル脱毛は、もっとも効果的な脱毛方法ですが、絶縁針を毛穴から刺し電流を流すことからかなりの痛みが伴い、い1本づつ針を刺していくことから、広範囲に渡る脱毛の場合には、かなりの時間を要するので、現在ではレーザーなどで脱毛できない部分に使用する場合に用いられています。

永久脱毛と呼ばれていますが、医療レーザーではうぶ毛や白髪には効果が多少低く、うぶ毛を含め完全な無毛状態にするのは困難です。ニードル脱毛では、医師の技術により無毛状態にほど近い効果は期待できますが、ニードル脱毛の場合には、時間と費用がかなりかかるので、完全性を求める場合には、医療レーザーで脱毛後残ってる部分をニードル脱毛を行なうのが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です